だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

血筋(ご先祖様と子供)の中で傷つき、許し、許され、守られる。

「夫が毒親から守ってくれた」
→毒親の恐怖が薄まった
→許せる(怒りを手放す)

感じだったんだけれど、

夫だけでなく、
夫のご先祖さま?、夫との子ども(特に上の子)という、
「夫の(特に夫の父方)家系」
に「守られている」感覚がある。

いくつか「偶然すぎるだろう!!」ということが起こり、気持ちが悪いほど感じることがあって。

縁、とか。そういうものかな。

「夫の家(家系)という脈に私と私の上の子が入ったんだな」と感じる。
その脈のような、家系という見えない流れた私が守られている。

細かに書こうと思ったけれど、とても書けるようなものではなく、夫の家系の情報満載になるから書くのはやめる。

ただ、夫だけでなく、その脈全体に守られてる。
私の下の子は言わずもがな。
将来、そこを守る方に回るんだな。と。
夫も、そこを守る側に移りつつあるのかもしれない。

私は、そこに一緒に守られつつ、時には守る存在の、脈をつなぐ存在として。
この世に生かされているのかもしれない。

とにかく、夫の血流?血筋を感じる今日この頃。


あと、他の出来事としては。

他の複数の家庭の話。
親が大人になった子供(社会人、結婚する人など)に執着する、コントロールするところをまざまざと見せられた。

「私の親みたいだな」と思い子供側に同情したものだけれど、
結局のところ子供も依存していて、親が執着するように、不安がって大騒ぎするように、
仕向けていたというか。
子供側も依存しているように見受けられた家族をみた。

その親は、私をもコントロールしようとしてきた。
しかし、断固としてスルーというか、うなぎのようにヌルヌル逃げることに成功しつつある。

また、他の家庭のケースもみて。
子供側は、昔の私を見ているよう。

「親は関係ない!私は私で幸せになる!!」と決意し、行動に移したところで。
その話を聞いて、「私もそんな感じだった」と。

初めて、現実の知人に
「私が親と決別したこと」を話した。経緯も、今の状態も。
虐待のことは言っていないけれど。


一週間も経たないうちに、色々なことがあり、色々なものを「見せられた」。

本当に「鏡」を見せられた。


時間がかかったけれど。
やっと、気がつくことができたんだと思う。

私にとっては、このタイミングだったのかな。
あまりにも多くの出来事が数日のうちに起こった。

バラバラだったパズルのピースが、全て1つにカチッとはまったかんじ。


今は、対象物がないもの?に感謝している。
源泉というのかな。
そんな感じのものに。

夫の血流の源。
私の血流の源。
親子問題を見せてくれた家系の源。
(私は今回親の絶縁話をした相手と、相手の家系の血脈、血縁も感じている。)

家系というか。血筋というか。
ご先祖様を含めての「縁」を感じる、濃い数日だった。

私の親子問題は、その縁と血筋、大きな血脈の中で、ちょっと厄介な問題だったのかも。
血がドロドロになってて、溜まってたまってできた、デキモノのようなもの。

そこで、血脈全体が動いて、手放して。
また、血脈が続いていくのだろう。
血脈の中で傷つき、許し(手放し)、守られる。

不思議だけれど、納得もできて、ありがたい感じになる。
私は、この血脈の一部になった。

夫の家系の血脈に。

私の親の方ではなくて、ご先祖様に「嫁として認められた」のかも笑。

…最初からそうだったんだけど。
そう私がやっと気がついて、本当に認め、認められた。そんな感じ。