読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

真穂さんの音声配信5月1回目を聴いて。

配信された直後に聴いて、一週間近く経ってまた聴いた。

 

直後に聴いたときは、前回もそうだったんだけれど、

「タイムリーすぎる!!(笑)」

→「本当にそう思う!!(笑)」

って感じ。

 

近頃は「自分を見つめる~」とか、「虐待親との関係を考える、落とし前(?)をどうするか」なんてことはほとんど考えていない。。汗。

 

だから前のように、このブログに「あ~!!書かなくちゃ!残さなくちゃ!!」みたいな衝動が激減している。

 

音声配信がタイムリーにきて、「そうだな~」と思うことがあって、このブログを書いて。。で、「このままで良いんだな。こっちの方向?でいいんだな~」と納得する感じ。

 

最近は、目の前のこと、私自身が幸せで、そういうことを考える暇がないというか。。

もう「満たされている」なんだと思う。前からあったんだけど、それに気が付いて、「満喫している」っていうのかな?

 

例えば、楽しい旅行をしていて、その間に「親の虐待が~」なんて、考えなくて。目の前の景色に感動したり、おいしいものを食べて喜んだり。。そんな感じ。

なんて幸せなんだろう!

 

昨年の年末からしばらく、真穂さんにお願いして向き合う時間を取って、勘違いもやって(苦笑)、ばかもやって。今はわざわざ向き合う時間を取ってなくても、楽しくてそれでよいんだな。

 

もし「向き合うことが必要な時期」が来たら、きっとまたタイムリーになにかあって、そのときに考えるでしょう。そう、うまくいくようにできているんだと思う。

 

と。2回聴いてみて。やっぱりそう思うんだな~。

 

ただ一か所気になる、引っかかりがあったとしたら、

「婚約破棄された相手でも、愛してくれていたんじゃないか」っていうところで。

 

恋人でも親でも、単純に恨み、全部否定できるなら、それは簡単?で。

愛がまざってるから、ややこしい。

 

自分が「愛されていた」「愛していた(している)」相手への願望、、、もろもろ。

色々まざっているから。感情も、時間も、できごとも。。

整理できない。もやもや、わからない。踏ん切りを付けられない。認識がゆがんでしまう。

 

私の親も、きっと「愛してくれていた」んだろう。そういう時期があったんだろう。

それが、執着になったり、無理をしすぎてひずみが出来て、ゆがんで、暴力に走ったり、周りへ誇示するためのトロフィーにしようとしたり。。したんだろう。

 

だからって、されてきた数々のことを、許す気にはなれない。

親だって大変だったから、もう許そう、なんて気にはなれない。

 

そう、単純に割り切ることはできない。

 

今私は、「整理しなくてよい」と思っている。

長年のこと、無理やり割り切るのではなくて、感情のままで良いと思っている。

 

身体に残ってる傷をみて「これがなければ!!」と恨むのだって自由で。

ただ、親にはもう何も求めるつもりはない。「和解する」とかそういうたぐいのもの。勝手に、自由に生きてくれたらよいと思う。

 

ここに、「私とのつながり」を求められると全力で拒否する。

拒否する自分を、許す。

 

今の私の「あしもと」「大切な家族」は、親ではなく、「私と夫、こども」だからだ。

本当は、親も、夫も、子供も大事に、、できたらよいなと思う。愛せたらよいのにな、と思う。

 

親はもう私を傷つけないかもしれない。でも、安心しきることはできない。

大人になって「許した、和解した」と仲良くなったあとも「この人は変わっていない」と実感したから。たった数年前のことだ。

 

許した方が、きっとラクになれるんだろう。

 

でもね、「傷つけられる恐怖」は、親が生きている限りある。

 

だから、許すのは親が死んだときだ。

私が絶対に傷つけられないと、完全な距離ができてからだ。そこは、もう割り切った。

 

親は反面教師。

自分、夫、子供を軽んじて(甘えて?)大切にしなくて、傷つけて。周りの遠いところから認められようとして、近いものを傷つけた。

 

今考えると、親は夫(私の父)と子供(私)より、自分の親へ認められようとしていたんだと思う。

だから「私は親より、自分。夫と自分の子供が大切。」これで良いんだ。

 

「許さなくちゃいけないかな」「そうしないと自分が幸せになれないかな」と疑問に思うことさえ、もうやめる。

そう思うことは、自分を大切にしていると思えない。

こういうことは、考えて決めるものでもない。

 

私は、私の「今のあしもと」と「自分自身」を大切に、ハッピーに生きていく。

今、大切なのは、私の夫であり子供。

 

この毎日を大切にしたいな~と思っている。

今の幸せを、大切に、有難く満喫して日々を送っていこう。