読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

『自分が人より優れている』と思うことは、明るく生きるために必要らしい。

脳の働きを可視化し、応用する研究をしている研究者と話す機会があった。


これが、とても興味深い。


だいたいの人が、『自分が他人より優れている』と思っているのだそう。


これは、日本でも、たぶん世界でもトップレベルの研究者が、きちんと実験をして、調査をした結果。


そして、

『自分が他人より優れている』と思うことは自信につながり、

・新しいことにチャレンジすること

・毎日をイキイキと暮らすこと


に、必要だともおっしゃる。


この、

『自分が他人より優れている』という感覚がないと、

自信がなくなり、鬱の傾向になっていくそうだ。

毎日を楽しめなくなってしまう。


脳が自分の考えを否定的に、閉じ込める作用をしていることが、実験で可視化されている。


それで、

『自分が他人より優れている』と思うことができるように、投薬する。


すると、脳が自分の考えを閉じ込める働きを鈍らせて、鬱傾向が改善されていくのだそうだ。


まだ研究段階で分からないことも多く、私の解釈があっているかは保証できないけれど。


ただ、私は話を聞いていて、

『自分が他人より優れている』と思うことは、べつに悪くない、むしろ自然なのかぁー!!とビックリした。


私にとって『良くないこと、好ましくないこと』と決めつけていた。


そして、これを排除したい、排除しよう、手放そう、としてきたんだけれど…


むしろ、人が快活に生きていくために必要なんだっていう仮定自体に


びっくり((((;゚Д゚)))))))!!


その研究者の方たちも、

躊躇なく

『人より私が優れていると思っている』

と明るく話していた。


『私も、この研究をしている人たちも、殆どの人がそうですよ、実験で分かってます』

とニッコリ。悪気なく!


…実際に優れている方々けれど、その言い方が清々しくて萌えた笑。



『人より優れている』と思ってても良いんだ!!

優越感?とほぼ同じかもしれないコレが、良い方向にも働いているんだったら、ムリに消そうとしなくて良いのかもしれない。

 


コレを知って、意識するといいなーと思ったのは、

・チャレンジするために

・快活に生きるために

『人より優れている』と思っているんだ。


それは、

・人と比べて優越感にひたったり、

・バカにしたり

することに使うものではないんだよって。


はたまた、

・自分の度量をチェックする

・自分を過大評価している可能性がある


ことを意識していきたいな、と思った。



自分が人より優れている


と思うことは、

浅ましいというか、傲慢だな、

と思っていたけれど。


研究者の方々が、あんなにも清々しく宣言して、


自分が人より優れている


と思うために、投薬まですることがあるなんて!!


カルチャーショック笑。


ムリに自分の感情を、汚いと思ったりしなくて良いのかも。

汚いと思っているものでも、明るく生きるために必要で、自然に組み込まれているものなのかも。


そんなに、汚くないものなのかもしれない。


特にまとめはないけど、

ただ、ビックリしたなー。思い込みだったんだなー。


と、いうはなし。

面白かった!