だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

「人の好き・嫌い」と「発言内容(行動)の好き・嫌い」を切り離したい。

環境が変わる春は、たくさんの人に私が「見定められる」時期。

ひどい言い方になると「値踏みされている」感じがある(笑)。

 

私も張り切ってしまうので、ちょっと疲れ気味。。(;'∀')

相手に「良い印象」を持ってもらいたいし、その方が色々と順調に行きやすい。私も楽しい。

 

これが、行き過ぎると「完璧な私さん」「理想の私さん」を作られてしまって、後々面倒になったり、「人気商売の客争い」のようになって面倒だな~と思う。

ママ友や会社の派閥争いの元の元になったりね。

 

私も逆に誰かに対して同じことをしてしまうから、気を付けたいな~。

 

・その人を「良い」「悪い」で決めつけない。

ことをしたい。

 

「〇〇さんが言ったから」=「正しい」「悪い」

 

ではなくて、

「言葉の内容」=私の直感が「正しいと感じる」「信じたいと感じる」

を大事にしたいな~。

 

「言った人」が判断材料に大きくかかわってしまうのだけれど。

 

その人が、いつも同じことを言うとは限らないし、考え方が変わることだって頻繁にある。私自身がそう。

 

私に相談してくる人には、私の意見やアドバイスを伝えた後に「自分で考えてね」を言うようにしている。

それで、その人が私のアドバイス通りに行動せず、他の人に助言を受けて違う行動をしても、全く構わない。

そのあと「〇〇さんにも話をきいて、こうしてこうなりました」と報告してくれても、もちろん嬉しい。

 

「発言した人に対する、好き・嫌い」と「発言された内容(行動)に対する、好き・嫌い」は異なって良いんだよね。

 

これが、私は前からうまくできないんだな~。

でも、最近は意識しているからか、少しずつできるようになってきたかな。

 

あまり好きではない人でも、「話をきいてみよう」と思う。その内容を「やってみるかどうか」はまた別問題。

 

特定の人がする発言・行動が、すべて私が好きかどうか、は全く別問題で。

私が好きな人がする発言・行動が、私の理想通りでなくても、それは至極当然の話なんだよね。

 

夫にもそうだし、もしかしたら、私の虐待親にもそうかもしれない。

 

虐待親は許せないけれど、「産んでくれたこと」「売らないでくれたこと」は、切り離して有難いと思っても良いんだよね。。。

でも、むかつく。

むかつくから無理はしないし、親にされたことは特別ひどいことだから割り切れないけれど。

 

「人」と「行動」を切り離して考えられたら、ラクなんだろうな~と思う。

 

私も、そうされたい。

「私を好いてくれるのは嬉しい」けれど、「盲目的に、私の発言・行動を信用されるのはキツイな」と最近思う。正直にいうと「そこまで責任もてないよ」ということになる。

春になってこれから関係を持つ人々、私の子供たちにも、そう。

 

たぶん、みんな当たり前にできていることなんだよね。

私が苦手なことなんだな~。。

 

でも、だいじょうぶ(´▽`)♡

「自覚できたということは、これから意識をしたらできる!」ということだからね!!

 

「人間関係が苦手」も消化されていくかもしれないな。

そしたら嬉しいな~♡