読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

生き恥を晒して生きる。

たぶん、悲しみがなくなることなんて、ないのだろうなー。

抱えたまま、生きるんだろうな。


私は「悲しみが完全になくなる」ことを、たぶん目指していたんだ。

そしたら、ラクになると思ってたんだよね。


頑張ってる生きていれば、いつかなくなるって信じてたんだよねー。


でも、なくなるなんて、たぶんないんじゃないかな。


「癒える」という言葉があるけれど。

これはよくわからない。


ただ、悲しみが「ある」ことがわかっていて、一緒に生きていくんだろうな、という感じがする。


これも私の一部だから、きっと一緒に生きていくんだろう。


慰めながら、生きていくしかないのかな。


今は、それが悲しいというより、「仕方ないよな」と思う。


たまに悲しみが、何かに刺激されて大きくなって辛くなったりもするんだろうけれど、それも「仕方ないよな」と。


楽しいことが続いていて、忘れることもあるかもしれないし、そうしていたらいつか癒えるのかもしれない。


でも、完全になくなりはしないんだろう。


それがあるとしたら、たぶん私が記憶喪失になるか。それでも体は覚えているだろうから、、やっぱりない。


悲しみは常にあって、なかったことにしない。

私に今できるのは、そのくらいのこと。


たぶん、記憶ががーっ!!と蘇って、うわー!!と、憎しみを吐き出したくなるのは、

その奥に悲しみがあるからで。


記憶を思い出したりするのは、ネガテイブな感じはするものの、奥のものにたどり着くまでに必要な過程というか。

それも仕方がない。


これをするたび、私は随分と記憶を喪失しているなー、と思う。

思い出したくないことが、いっぱいなんだろうな。

その憎しみとか、うわー!!という自分の感情が汚すぎて、自分に引く。


でも、そこで終わるとね。

その方がラクだったりする??

泣かなくて済むっていうか。


「私、どうせ汚いから」と、自虐で終わらせた方がラク??

悲しみにフタをできちゃうんだよね。


奥の悲しみに気がつくと、ただおいおい泣くしかないじゃない。

武器も鎧も、何もなくなって。

ただ、泣くしかないんだよね。


おいおい泣いて。


「自立した大人像」のようなものは、なーんにもない。


「自立した大人」には、生きている限りなることはできない。

「生かされている」時点で、「自立」は、ありえないからだ。


どんなにかっこつけても、強がっても、自分の力でない。


生きてること自体が、恥さらしのようなものだ。


泣いて、生き恥を晒して、生きていく。


黒歴史?そんなのばっかり。

恥だらけ。

きっと、この今も恥だらけ。痛い黒歴史。


これも、もう仕方ないんだろうな。


そして、それで良いと思う。


恥さらしで、いいじゃない。

イタイ人生でも、いいじゃない。

失敗人生でも、いいじゃない。


ここに生きているだけで、もういいじゃない。


私の人生、残りどのくらいあるかわからないけれど。

たくさん失敗して、泣いて笑って、生きていけば良いんだと思うよ。


そもそも、成功の定義もよくわからない。


失敗して、黒歴史をたくさん作って、そんなもんでいいんじゃないかな。


棺桶に入った時「たくさん黒歴史作りました!」で良いんじゃないかな。


それも歴史の一つになるなら、イタくても黒くても恥だらけでも、立派な感じすらする笑。


いわゆる立派な人生は立派だけれど、わたしがそれを目指す理由もなければ、素質もないのだ。それだけのこと。


それを隠して生きていくか、

生き恥晒して生きていくか。


隠すのが辛くなった、かと言って死ぬのも違う。

生き恥さらして生きていくしかないな、というのが今の感じ。