だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

私が明らかにするものは『奥の悲しみ』と『生かしてくれる周り』

そう、「生かされて」いる。【と、いうことは??】【つまり、それならば!?】 - 「すみません、ただのオンナに戻ります」。

 

今日も真穂さんのブログから抜粋。


真穂さん、ありがとうございます(号泣)


自分を大切にする=自分を構成している、生かしてくれている周囲をも明らかに見る ってこと

 

傲慢でいなければとても保てない、

その奥の悲しみが、あまりに強いからでしょう?

そこを守ってあげたくて、傲慢にならざるを得ない。

 

でもそのゲームさえも、もう、つらいんでしょう?

全部丸ごと、捨てたいんでしょう?しがらみも、執着も。

 

そこに、あともう一歩だと思う。

イタいけど、進む一歩があると思う。


仕事帰りの電車で真穂さんのブログをみて、電車の中で涙涙。

帰宅後、夕食の支度に玉ねぎを切り、ごまかしながら、涙涙。


夫に話を聞いてもらって、今、ようやく少し落ち着いてきた。

そうです。

私は、傲慢ですが、奥に悲しみがあります。

本丸きた!て感じ。


あと、私を生かしてくれる周りを明らかにみていくこと。


今は、両方同時にできないと思うので。

先に、悲しみの方を見ます。


これは真穂さんのブログを見る前の話で。

昨夜遅く、『不仲だったけれど、お互いぶつかりあって和解した親子』に憧れてる自分に気がついた。

でもね、もうそれは『きっぱり諦めよう』と。『もう会わなくてもいい』と、思った。

そうすることにした。


『夕に感謝』が目に入ったとき、そうはいっても、何に感謝するか具体的に考えようとすると…

よくいう『産んでくれた親を感謝しなさい』に拒否反応というか、強制される感覚があって。

(産んでくれたこと自体には感謝かもしれないけれど、親という人間に感謝はできない)

そして、私が感謝することは『今、この世に生かされてることかな?』だったんだけれど。ぼんやりだった。


真穂さんが、丁寧に丁寧に書いてくれたから。周りをよく見よう。


疲れた。

少し休んで、自分の悲しみから、みて明らかにしていこう。