読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

世間で『価値がある』と思われているモノは、実は幻で、ガラクタ。

苦しみ抜けた!とりあえず。

私は苦しむとき、過去のことを細かく思い出す。
辛い、悔しい、怒り、といった、
強くて叫びたくなるような感情と一緒に。

それを思い出して、余計にうわー!!ってなる。

落ち着いてくると、
悲しくて泣けてくるんだけど。

そしたら、良いことも思い出す。

私は、今日嬉しいことを思い出して、シアワセだなー、嬉しいなーと思った。

なんてことはない話だけれど。

今日、お昼ゴハンを1人で食べた。
誰もいないお店。
私が入って、注文した料理が出されたころ、
みるみるうちにお店が満杯になった。

それで思い出した。

私は『福の神』と呼ばれていたことがあった!

私がいくお店(居酒屋とかバーだけど)は、私が遊びにいくと、とたんにお客さんが満杯になる、ということが何度かあって。

友達が面白がって、アルバイト先に呼んでくれたりして。

やっぱり、そうで。

という時があって、あちこちに呼ばれてとても楽しかった時代??若かりし頃があった。

たくさんご馳走してもらった笑。

この数日間、
『私はとんでもなくイヤなやつだ!』
と、強く感じていたのだけれど。

喜ばれていたときも、あったんだよねー。

でね、『しあわせ』は、こういうものなのかもしれないなー、と。

当時、私は確実にお金がなかったけれど、
『貧乏だ』とは、思ってなかった。

親から自由になれたこと、大人になれたことが嬉しかった。
人生を満喫してたんだよね。楽しかった!

出会う人出会う人、皆ハッピーだったと思う。

学歴はさまざまで、私の学歴は完全にネタになってて(見えないからね)、私も仲間入りさせてもらったようで、とても楽しかったんだよねー。

居場所があった。

自信とか、お金とか、プライドとか??

なんにもなかったと思うけれど。ただ、楽しかったなー。

今、どうしてこうなっちゃったんだろ??

垢のようなものかな??

また、あの自由な時のように、軽やかに笑ってくらそう。

私は色々と変なものを背負いすぎたのかもしれない。
それも、勝手に。いらないものをね。

世間で『立派、良い』とされるもの。

例えば、会社とか身分とか役職とか。

ドンドンと背負っていって。

そういった諸々に価値を、優越感を感じていったのかもしれない。

本当は、幻の、価値がないものに。


はい。断捨離でございますな。

私が持っている、幻の荷物はいらないね。

ポイ!ポイ!!!!
ヽ(・∀・)ぽーーーーーーい!!!

さよなら!幻の宝石たちよ!!!
ガラクタたちよ!!

君たちに『価値』を感じることをやめることにしたよ。
今までありがとう。お世話になりました!!!
バイバイ!!