だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

「私の幸せ」は私が感じて、私が決めること。

やっとこさ、これが頭から心に降りてきた。

「頭でわかってても、心が納得しない」状態だったんだけど。

 

ムリヤリ頭から心を押さえつけて、

「こうだから、こう思え!!こう感じろ!!」

っていうのは違うのよね。

 

「自分への押しつけ」であって、そんなんで感情は動かない。

 

頭でわかってたことがタイトル。

「私の幸せ」は、私が決めるの。

「私が幸せ」なら、それでよいの。

「私の幸せ」は、人と比べて感じるものではないの。

 

「あの人より幸せ」「あの人より持ってる」「あの人よりマシ」・・・

っていうのは、違うのよ。

 

自分への押しつけにほかならない。

全くもって、自分を大切にしていない。

 

頭でわかってる、そう思いたい、、、でも心から納得できない。。。

 

ということでも。。

 

時がきたら「心から納得できる、感じることができる」んだ。

今、その時が来ている。

 

「私が幸せだな~」と感じるから「私は幸せ」なのです。

 

咲き始めた桜をみて「きれいだな~♡」と思うのが、自由であるのと同じで。

人と比べてどうこう、他の花と比べてどうこう、ではないのです。

 

目の前のものがキレイだと、感動して、「幸せ~♡」な気持ちになる。

私の自由で、私が感じることで、私が「幸せ」な状態であると、私が決めること。

 

それが、自然とそうなってきているな~と気が付いた。

完全ではないけれど、

そんな感じになってきて、私は嬉しい。

 

それで、「他人の幸せ」「身近な人の幸せ」「身近な人の美しさ」を、

純粋に喜べるようになってきた。

嫉妬したり、マウンティングしたり、比べたり、がなくなってきた。

 

今朝思ったのは、ケーキで。(笑)。

ケーキ=他の人の幸せ、持っているもの、豊かさ、美人さ、など。

 

私が今食べるケーキも、おいしくてかわいくて、幸せを感じる。

他の人が持っているケーキも、おいしそうで、かわいくて、幸せを感じる。

「それもおいしそうだね!!」「その幸せも良いね!!」みたいな。

 

これは自分が持っている幸せ(今回はジョトオのケーキとしよう)が、

「絶対的に幸せ」だと、私が自信を持って確信しているから言えること。感じること。

「ジョトオのケーキ最高でしょ!!」とな。

これが、自己肯定感かはわからないけど、たぶん的外れではないとは思う。

 

それで、他の人が持っている幸せ(今回はピエールマルコリーニのチョコレートとしよう。ケーキじゃないし! ´∀` )も、

「それも良いね!!!」と賞賛できる。

 

ジョトオのケーキも、ルタオのルーブルフロマージュも、レオニダスのプラリネも、私は大好きで。私を幸せにさせてくれる。

そこにあって、見ているだけで幸せ。存在が幸せ。

ウイターズのプラリネだって、もちろん幸せ♡

 

でも、他の人が「京都産の万願とうがらし」を持っていて

「私はこれが幸せ!!」とニコニコしているなら、それも「幸せなんだなぁ~。」と思う。

 

その人に「私は甘いのが嫌いだから、ジョトオのケーキは好みじゃない」とハッキリ言われても、

「私の幸せ」はビクともしない。

 

私の幸せが否定された!」には、絶対にならない!

私にとって、ジョトオのケーキは絶対的においしいから(笑)!!

 

幸せは、人にとって、違ってて良いのだ。

本当に「好き好き」だし、「持っているものが違う」だけ。

 

「その人が幸せ」「私が幸せ」「あなたが幸せ」

それで「世界が幸せ」なの。

それでよい。

そこに私は「無限の愛」を感じる。

 

「幸せ」は有限ではなくて、奪い合いするものでもない。

人が持っている「豊かさ」も同じ。

全て愛だから。みんな、それで満たされることができる。

 

「私の幸せ」を大事にしていったら、自然とそうなってきた。

今、こう感じることができて、私はとても嬉しい。

そしてやっぱり「幸せ」と感じる。