だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

敏感で、不快を感じて、訴える。子供は天才!

夜中目が覚めてスマホの時計を見たら、3:33!

ゾロ目嬉しい(´∀`*)


二度寝しようかな?起きようかな?で迷って起きて。

マッサージでもしよう、としたら下の子が起きてしまって。

寝室に戻って一緒に横になった。


あー、マッサージがぁぁーーー!


だけど、子供が目を閉じる瞬間をみて、それは幸せで。


昨日は仕事でムッカー!

夫には、

ムッキー!こんなことがあってねー!!

と話していて興奮してたけれど。


子供が寝つく瞬間、目が開いたら閉じたり…だんだん寝る…口ポカン…❤︎


の顔をみて癒された。


私ってば、何を怒ってたんでしょうーってなった。


子供の敏感さも、私のマッサージ時間は無くなってしまったけれどステキなことだなーと思ったの。


隣に私がいなくて、不快な気持ちを感じて、泣いて訴える。


当たり前なのかもしれない。

私にとってはスゴイなーと思えること。


鈍感になったり、鈍感なフリをしたり、見ないフリをしたり。

不快を感じても、我慢したりする。訴えるときに躊躇したり、遠慮したりしてしまう。


私の子供達は2人とも敏感で。

生まれた時から、ずっと抱っこしなくてはいけなかったり、物音に気を遣って生活していた。


他の子は一人で寝てくれていいな!

と、思っていたけれど。


実際、それで疲弊はしたものの、

今はこの子供達が誇らしい。


敏感なことって、素晴らしい才能だと思うから。

それを表現して、訴えることができる。素晴らしい!


昨日のムッカー!も。

固執していたものを未練なく手放せる出来事としては完璧なのね。

私も言いなりにはならなくて、偉かった!笑。

キレ気味なのが相手と周りに伝わっただろうけれど、言いたいことは言えたから。

証人もいるし、もう大丈夫。あとはうまく収まるでしょう。


私が、サッサと未練なく渡していたら、そもそもこんな事件?にはならなかっただろうし。それはちょっと反省。


結果としては、良かったとしかいいようがない。子供の寝顔でムッカー!は過去のことになりましたとさ。