読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

諸々(2)結婚式とプロのこと。春を前にハラをくくる。

続き。


ウエディングの話を読んで。


タイムリーなことに、さっき知り合いが結婚したことを聞き、写真を見せてもらった。

私が出席した結婚式で出会った2人。私は2人が出会ったその場にいて、「お似合い〜」と思ったものの、まさか結婚までするなんて!

今日は、人生なにがあるか分からないね〜と話した。



ステーションホテルで結婚式をした知り合いがいて。

ディズニーかステーションか?で迷ってステーションホテルに決めていたから凄い所なんだろうなぁ〜っとは思っていたんだけれど。

本当に凄い所なんだなぁ〜。


そこのラウンジで、セッションをやめてしまう真穂さんとお茶ができた私は幸せ者である。


自分の結婚式も思い出した。同じくプロ集団だったなって。

親には反対された所だったけれど(お金は出さないけれど口は出すっていう笑)、

プランナーさんと話して「ここしかない!」て思ったんだよね。「プロの本気」に惹かれたんだと思う。結果、本当に良かった。感謝しかない。


私がブーケや会場に使いたかったお花が今年は温暖化で手に入らない!となって、他のお花に変更した後に…フラワーデザイナーさんが、気候が違う遠くの市場まで探してくれて「少しだけだけど手に入ったから」と使ってくれた。感動した。


相手がプロ集団だったから、私もワクワクしてやりたいこと沢山やって、全部かなえてくれて。

もうみんながみんな全力でするから大変そうだった。

結婚式が終わってドレスを脱ぐ前に、プランナーさんにここで働きませんか?とスカウトされて嬉しかった笑。

一年後、記念日に食事に行ったらまたスカウトされて、やっぱり嬉しかった笑。


あんなにステキな空間で働けたら、どんなに幸せなことだろう。

でも、あれはできない。本当に好きじゃないと、できない。土日も夜もなくて、下準備や打ち合わせや調整やら調整やら確認やらやら…。毎回燃え尽き症候群になりそう。


結婚式の裏側は幸せばかりでなくて。家族問題、家柄、見栄、お金…色々な問題に直面して、それでも全て対処して、幸せな、一生の思い出を生み出す舞台を作るのよね。

気軽に足を踏み入れてはいけない世界だと思う。

制約がある中で、プロの素晴らしい仕事をする。カッコいい。


私はプロが大好き。

色んな種類のプロがいて。プロはお金をもらってるだけでなくて、「本気」なんだよね。どんな職業でも、その「気」に触れるだけでワクワクする。


今、書いていて、また「人に使われるだけじゃダメ」の言葉がわかった。そこがプロなんだよね。「使われる部分」がないの。

プロだから。自分が誇りを持ってできるものだけ。たんたんと「自分の仕事」をするだけ。全力で。



もうすぐ「春」が来るんだ。

春って、木の葉が芽吹いて、色とりどりのお花が咲いてとっても素敵な季節なのだけれど。そこに行く一歩手前が今の季節なんだろうな。


今までは冬で、地中にいて。外に出るのがめちゃくちゃ怖いんだよね。素敵な世界があるって知っていても。

環境が変わる、変えるのって、めちゃくちゃ怖いんだ。



今。芽吹く前の一歩前の時期。季節的にも

「腹をくくる」時期なんだな〜。


四月からの新生活を前に。

怖がりながら、腹をくくっている、決断している最中の人がたくさんいるのだろう。

時間は待ってくれない。どんどん流れて行く。春が来る。


私も、がんばろう。ちゃんと、自分の仕事をしよう。胸を張って「私はプロです」と言える人間になろう。