読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

幸せに中途半端はない。大きな大きな幸せを受け取る覚悟をしよう。ハラをくくろう。

真穂さんがブログでオススメしていた本を読んで感じたことを書く。

 

今手元に本がないから正確な言葉ではないけれど、サラッと読んで心に響いたのは

 

・幸せになるにはハラをくくること

・幸せに中途半端はない(ほどほど〜がない)

 ということ。


幸せになるには、覚悟がいる!!

 

どーーん!かかってこーい!!って。

私が幸せになろう♪なってきた♪と思うと、親の生霊?や、過去の痛みを思い出してオエオエ〜と吐きながら苦しむのは「ほどほど」の中間地点でいるからかな、と思った。


ここでどうするの?ここから先(もっと幸せ)に行く覚悟あるの?


試されるのかな~と。

 

今回は親からの虐待の感覚を思い出す、ということだったけれど、色々ある。こういうの。そのたびに

「はらをくくる」ことが必要なんだよね。


そして「ほどほどがない」というのが、だからなんだ!!!と納得。

ここで「あ、いけない。先に行く覚悟ないです。痛み思い出したくないです。」ってふたを閉じたらお~しまい。さよ~なら~。で、ほどほどはなくて地に落ちる。

 

ここではらをくくって「こい!ど~んとこい!」とはらをくくると、すっごく幸せになる。


それなら、もう決まってるよね。どっちかしか選べないんだもの。

「すっごく幸せになる」

方に行くよね~。


私はもっと、覚悟が必要なんだな。ハラをくくっていない、くくりきれていない、弱い部分があったんだな。

 

出産も同じだもんね。産むの怖いけど、こわいこわい~!!でも産むしかないし。戻せないし(笑)で、怖がりながらも産んだらとっても可愛くて愛しい赤ちゃんに出会える。


神様?が、空からポーン!と大きくて赤い玉を投げようとする。運動会の玉転がし、コンサートの玉おくりで使うような、大きな赤い玉。

ほれ、幸せだよー!受け取ってねー!!って投げてくる。


私は、その大きさに少しビビりつつも、ハラをくくって。いいよー!投げてーって、ワクワクしながら待つ。

落とすのが怖い?大丈夫、落としたって死なない。落としたら、また後ろから

「今度は上手に受け取ってねー!!」って、また、大きな幸せを投げてくれる。もしかしたら、前のよりもっともっと大くて豊かな幸せかもしれない。


きっと、そんな感じ。ひるまず、ハラをくくろう(*´꒳`*)