読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

愛の器を育てる方法。私が私を愛せるように、大切にお世話する。

私が星、流星群と言っていたものは、日本語にすると恵みがいいな、と気がついた。

キラキラふってくるから、星に感じたんだ。


恵み(お金、チャンス、時間も?)を受け取る器=愛。

自分の中の愛を育てよう。どうやって?


自分自身、私を愛すること。

=私を大切に、慈しみ、育てる。


可愛い赤ちゃんを愛し、お世話するように。


朝起きたら、鏡をよくみる。微笑みながら聞いてみる。

調子はどう?熱はない?機嫌はどう?


肌をキレイにして、クリームを優しく塗る。

乾燥してない?多めにぬる?マッサージしながら、やさしく、丁寧に、肌の調子をみながら。

赤ちゃん(=私)は喜んでるかな?


機嫌が悪かったら、どうして?と考える。

考えられる環境を変えてあげる。


それでも機嫌がわるかったり、泣いたら…


わからなかったら、やっきにならなくていい。


そっと抱き上げて、落ち着かせたらいい。

背中トントン、どうしたのかなー?やさしく声をかけたらいい。穏やかな歌を歌って、話しかけて、落ち着かせよう。

大丈夫だよー。


不快の原因がわかるかもしれない。

なければ、そのうち、きっと落ち着く。

何もなくても泣きたくなる時だってあるから。


機嫌がよく遊びたそうだったら、お散歩に。

楽しいところに連れて行ってあげる。楽しませる。


寝たい時は寝かせて、ぐずったらなだめる。



赤ちゃんは言葉を話さない。

よくよく敏感になって、見て、お世話する。愛でる。その可愛さを楽しむ。可愛いなぁって。


自分の心も、同じ。

常に気持ちが良い状態にしてあげる。



私は、まずはここから。

やりたいことがぶあーって出でるけど、一度呼吸を吐いて。それ、全部やめる必要はないけれど、フォーカスするのはこっち。


核は、私が私を大切にする。私自身に敏感になって、お世話をする。

私を愛しいな〜っと感じることが、まだ自然にできていないから。


それまでは、注意して心がける。私が自然に私を愛するように。私が心地よく毎日を過ごせるように。