読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶ日記

思いつくままつぶやく独り言ブログ。私はだいじょうぶ!

歯医者さん

歯医者さんに行った。久しぶりに。

 

仮につめたものが落ちたのかと思っていたら、歯そのものが欠けていた。

私は普段から歯を食いしばりすぎだと先生に言われている。ずっと前から。

そして痛みに強い、痛かったら我慢しないで、と強くいわれている。ずっと前から。

 

この辺は、もう虐待の後遺症である。

身に沁みついていて、取れない。

 

歯を食いしばること、身体をこわばらせることがふつうの状態だったから。

でも、これはふつうではない。リラックス、体の力を抜くことを心がけよう。

ヨガとか、体操とか、お灸とか、あたためるのが良いんだろうな。

お金をかけてアロママッサージもよいかも。時間とお金をかけてあげよう。

 

もう一つの問題は痛みに鈍感なことだ。

痛みを感じないのだ。

歯が欠けたとき、すごい痛くなかった?(痛かったでしょう?)

と言われたけれど、まったく気になっていなかった。ゴリゴリとれちゃったな、くらいのもん。

治療中も「痛かったら絶対手を挙げて!」すぐに!と念を押される。

本当に我慢していない。ただ痛みを感じない。

これは注意をして、あ、このくらいで「痛い」と手を挙げるんだ、と神経を集中させている。

これが、体でなく心の痛みにも必要なんだろうなと思う。

「痛い」を感じて「痛い」と伝えること。

 

これは。。自分にもっと注意する、気を払うということだろうな、と思う。

 

せっせと毎日すごすとそれだけで終わって、それも楽しいんだけれど、自分が幸せか?痛みを感じていないか?疲れていないか?を時々立ち止まって、注意して、気を払う必要があるんだろうな。

 

そして、メンテナンス日をはじめからつくって、向き合う日、自分に注意を向ける日をつくると良いのだろう。

 

今のところ、これは月一回、真穂さんとのセッションとする。